解決事例

不倫慰謝料において、300万円(慰謝料)+ローン残金+月額9万円(養育費)獲得したケース

概要 ・依頼者 妻(離婚被請求)40代後半、看護師 ・相手方 有責配偶者(離婚請求)、40代後半、会社員 ・相談時:別居したばかり ・解決期間:約1年 ・子供:3人(3人すべて未成年) ご依頼の経緯 依頼者は、不倫をしている夫から離婚を請求され、家を出ていかれたため当事務所に来所された。 最初はご自身で相手方との交渉を進めるつもりでバックアッププランでの依頼となったが、 相手方に 続きを読む >>

特有財産を含む多額な資産を整理し、財産分与のポイントを抑えることで相場通りの財産分与となった事例

概要 ・依頼者:男性 40代前半 会社員 ・相手方:女性 40代前半 会社員 ・子ども:1人(未成年) ・依頼から解決まで:約2年 ・別居期間:約2年(訴訟期間含む) 相談のきっかけ 自分がモラハラをしていると言われて、妻に出ていかれ、その後、相手に弁護士が付き、通知が来たため、来所。当初は、モラハラを改善し、関係修復を望んでいたが、相手方に弁護士が付いていたため、依頼を希望されたが 続きを読む >>

特有財産の主張内容が正当でなかったため、指摘したところ、裁判所の見解はこちらの意見と一致し、適切な財産分与が行われた事例

概要 ・依頼者:男性 40代後半 会社員 ・相手方:女性 40代後半 専業主婦 ・子ども:1人(小学生) ・依頼から解決まで:約半年 相談のきっかけ 既に相手側に離婚調停を申し立てられており、呼び出し状が届いていたため、来所。しかし、相談に来る前には、婚姻費用の調停は既に終了していた。その際、相手方に弁護士が付いて、こちらは弁護士が付いておらず、調停終了後、もう一度相手方の弁護士に減額 続きを読む >>

不倫相手の夫から230万円近い慰謝料を請求されたが、交渉の結果、90万円の慰謝料を支払うことで合意ができた事例

依頼者(男性):30代 川崎市在住 会社員 解決までの期間:1か月    夫のいる女性と不倫していたところ、その不倫が夫に発覚し、慰謝料請求を受けたことから、 ご相談に来られました。不倫相手の夫から、脅迫めいた言動もあったことから、代理人として依頼を受けることになりました。     解決内容 相手方は、離婚を前提に、 続きを読む >>

有責配偶者からの離婚請求であったが、解決金を支払い親権を取得し離婚することができた事例

概要 ・依頼者(女性):30代 川崎市在住 会社員 ・子ども:5歳、3歳 ・解決までの期間:6ヶ月   事件概要 自らの不貞行為が発覚してしまったが、夫と離婚したいということでご相談に来られました。 有責配偶者からの離婚請求となるため、裁判では認められない可能性が高い案件でしたが、 夫も離婚を考えている様子が見受けられたことから調停を申 続きを読む >>

夫婦喧嘩から夫が子どもを連れて実家に帰ってしまったが、急いで申立てを行い依頼者が監護者として適切であるとの審判を出すことができた事例

概要 ・依頼者(女性):30代 川崎市在住 会社員 ・子ども:5歳、3歳 ・解決までの期間:6ヶ月   事件概要 夫婦喧嘩から、夫が子どもを連れて実家に帰ってしまったため、どのように対応したらよいかを相談するため、ご相談に来られました。  実力で無理矢理取り戻すことはできないので、裁判所の手続きが必要となることを説明したところ、自分では対応できないということで、ご 続きを読む >>

自らの不貞行為が発覚し、不貞相手の妻から慰謝料約700万円を請求された事例

概要 ・依頼者(女性):20代  ・解決までの期間:1年3ヶ月(交渉から訴訟での解決まで)   事件概要 自らの不貞行為が発覚し、不貞相手の妻から慰謝料請求をされたことからご相談に来られました。相手に弁護士がついていることや請求額が約700万円と高額であったため、ご依頼を受けることになりました。   解決内容 不貞行為自体に争いはなく、慰謝料額が問題とな 続きを読む >>

面会交流の調停が成立した事例

概要 ■依頼者:妻(40代) ■相手方:夫(50代、会社員)  ■子供:2人 ■婚姻期間:約20年   事件概要  離婚後に、相手方から面会交流の調停を申し立てられた。 面会交流に関しては、依頼者の子供が面会したくないという意向であったため、 直接的な子供との交流を阻止するための活動となった。 子供への意向調査を経て、月1回程度、子供の近況報告をするように努める 続きを読む >>

婚姻費用に関する調停が1日で解決したケース

概要 ・依頼者:妻(50代)会社員 ・相手方:夫(50代)会社員 ・子供:1人(大学生) ・婚姻期間:20~30年 ・解決まで:2か月で調停一回のみ ・別居期間:7か月 事件概要 子供が未だ大学生であったため、 学費と子供にかかる費用約と婚姻費用を支払う内容で、調停1回のみで終結させた。 離婚も申立てたかったが、別居期 続きを読む >>

夫が子どもを連れて実家に帰ってしまったケース

概要 ■依頼者:30代女性(会社員)  ■川崎市在住 ■相手方:30代男性(自営業) ■子2人(6歳、2歳) ■解決までの期間:6ヶ月   ご依頼の経緯  妻の不貞行為が発覚したことから、夫婦関係が悪化していたところ、夫が下の子だけを連れて 実家に帰ってしまいました。いくら話し合いをしても、夫は子どもを返してくれることはなかったため、 ご相談に来られました。 続きを読む >>

<< 前の記事を見る

離婚・不倫の慰謝料のご相談は
川崎パートナーズ法律事務所へ

044-201-6851川崎駅東口
徒歩1分

受付時間 9:30〜19:00
土日・夜間(平日21時まで)
の相談にも対応(要予約)