面会交流 の解決事例

面会交流の調停が成立した事例

概要 ■依頼者:妻(40代) ■相手方:夫(50代、会社員)  ■子供:2人 ■婚姻期間:約20年   事件概要  離婚後に、相手方から面会交流の調停を申し立てられた。 面会交流に関しては、依頼者の子供が面会したくないという意向であったため、 直接的な子供との交流を阻止するための活動となった。 子供への意向調査を経て、月1回程度、子供の近況報告をするように努める 続きを読む >>

婚姻費用の支払いのために、夫の給料の差し押さえを申立てたケース

婚姻費用の支払いのために、夫の給料の差し押さえを申立てたケース 夫が妻に毎月一定額の婚姻費用を支払うとの調停が成立したにもかかわらず、程なくして、夫が婚姻費用を支払わなくなりました。   そこで、婚姻費用の支払いを確保するために、夫の給料の差押えを申立てました。 申し立てが認められ、毎月、夫の勤務先会社から、妻のもとに、直接婚姻費用相当額が支払われることになりまし 続きを読む >>