弁護士 大崎克之

IMG_1165.JPG

経歴

平成10年 明治大学法学部卒業
平成17年 司法試験合格
平成18年 司法修習(配属地:宮崎)
平成19年 弁護士登録(横浜弁護士会)
平成22年 川崎パートナーズ法律事務所開設

趣味

ギター サーフィン

執筆・講演等

・「子どもの虐待防止・法的実務マニュアル(第5版)」明石書店(共著)
・シニア患者対象医療機関経営研究会 講演「医院・診療所の法務」
・第27回神奈川母性衛生学会・学術集会 講演「児童虐待の予防と援助」
・連載「医院を守る六法全書」(日本歯科新聞)

活動

・横浜弁護士会子どもの権利委員会委員
・日本弁護士連合会子どもの権利委員会幹事
・日本弁護士連合会第54回人権擁護大会第3部会「患者の人権」実行委員
・日本弁護士連合会拷問等禁止条約に関するワーキンググループ副座長
・川崎市児童相談所嘱託(平成24年〜)
・関東学院大学法科大学院非常勤講師(平成25年4月〜)
・関東弁護士会連合会平成26年度シンポジウム委員会委員(平成25年7月〜)
・川崎市子どもの権利委員会委員(平成25年10月〜)

モットー

児童虐待をどげんかせんといかん!

離婚のご相談について

「結婚へは歩け。離婚へは走れ。」という格言がありますが、実際には、離婚それ自体について決意するだけでも相当なエネルギーと時間を要します。

その上、さらに離婚に伴って解決しなければならない問題もあるため、行動に移すことができず、日々悩んでおられる方も多いと思います。そのような方を法的にサポートし、新たな出発のための負担を少しでも軽くすることができるよう、お手伝いをさせていただきたいと思います。

明るく前向きなスタートを切るため、是非、お気軽にご相談ください。

当事務所のサービスと料金

「どのプラン、サポートで依頼しよう・・・」
お困りの場合には下記をご参考ください。それでもわからない場合でも、弁護士とのご相談後に決めていただけます。

バックアッププランは・・・こんな方にお奨めです!

◎ どうしても自分で進めたい
◎ 調停段階だが、調停委員の出方などについてアドバイスがほしい

協議離婚サポート、調停離婚サポート、訴訟サポート・・・こんな方にお奨めです!

ちなみに、上記は弁護士がご依頼者様の代わりに動く「代理人」として就任するタイプのサポートです。

◎ 相手方と話しをしたくない、会いたくない
◎ 感情的になってしまっているため、話ができない
◎ 仕事などが忙しく時間をつくるのが難しい

rikon2.png

離婚・不倫の慰謝料のご相談は
川崎パートナーズ法律事務所へ

044-201-6851川崎駅東口
徒歩1分

受付時間 9:30〜19:00
土日・夜間(平日21時まで)
の相談にも対応(要予約)

 

離婚・不倫の慰謝料のご相談は
川崎パートナーズ法律事務所へ

044-201-6851川崎駅東口
徒歩1分

受付時間 9:30〜19:00
土日・夜間(平日21時まで)
の相談にも対応(要予約)